JALで行く東京ディズニーリゾート(R)のお話(子連れ編)

東京ディズニーリゾート

隊長は 今まで東京ディズニーリゾートに行く時は
ほぼ ほぼほぼ  【JALで行く東京ディズニーリゾート®】 です。

1度だけ 違うツアーがあります。

なぜ 【JALで行く東京ディズニーリゾート®】 なのか!?
おすすめポイントやホテルなど 子供さんが居る家庭を対象
思ってる事を書いていきます。

なぜ JALで行く東京ディズニーリゾートなのか!?。

東京ディズニーリゾートのスポンサー企業」だけあって やっぱり 特典です!。

それに 利用し易さです。 

まず特典ですが この「特典」 を見て下さい。
決まりでしょ!(笑)。 

内容は 季節とかイベントによって内容は変わってきますが

今現在での お勧めは
「貸し切りイベント」 だったり
「クリスマスパレード指定鑑賞エリア入場券プレゼント」 それに
隊長お気に入りの「ビックバンビート鑑賞券プレゼント」 など盛りだくさんです!。 

って事で

お勧めポイント①

鑑賞券プレゼントは 超お勧めです。

隊長もパークに行くと やはり「アトラクション目当て」で 
ショーの場所取り」などの時間を さく余裕が無いです。
そんな時 この鑑賞券プレゼントはありがたいです。
抽選だったり 場所取りをしなければならなかったりしなければいけない事を

プレゼントしていただけます。

これは 特に隊長のように地方から行く方には 必ずゲットしていただきたいです。
隊長は もっぱら「ビックバンドビート」です。

 

注意点としては

*数に限りが有り 先着順です。
なので 行く日が決まれば早めに予約をして下さい。

*パレード鑑賞券は 鑑賞エリアが離れてる場合もあるので 
鑑賞エリアは 一応確認しておいて下さい。

多少離れていても 場所取りをしなくていいので余裕が持てます。

 とにかく「先着プレゼント」なので 早めの予約を!。 

そして鑑賞券は 自動的に付いて来るものでは無く
予約時に 「鑑賞券お願いします」と自己申告しなければなりません。

後は 空きがあるか運に任せるのみです。

お勧めポイント②

(羽田旅客第1ターミナル)
*オリジナルラッピングのシャトルバスで 迷わず時間通りに
東京ディズニーリゾートまで行けて帰って来れる。

「迷わず時間通りに」ってのが重要で 

一度違うツアーで行った時に 下調べはしてたのですが

往路は空港で
予約をしていたシャトルバスの手続きやら 乗り場探しで焦り・・・

復路は

ディズニーランドホテル」から乗ったのですが 

乗り場が解らずウロウロしてしまいました。
さらに復路は

飛行機発2時間前のバスを予約していたのですが 
受付や荷物の積み込み そして各ホテルやパークを回るので
人が多い分 時間がかかり 飛行機に間に合うか冷や冷やものでした。

その点 【JALで行く東京ディズニーリゾート®】

ディズニー柄ラッピングのシャトルバスで解りやすいですね。
(繁盛期はシャトルバスの本数が増えるので 通常柄のシャトルバスの可能性もあり)

 

IMG_1556-2

JALツアーのシャトルバス」は 空港では 
通常運行のシャトルバス乗り場と 乗り場が同じ場所では無く
道路を挟んで反対側に有る為迷う事もありません。

往路出発も時間通りですが 1度だけ前のシャトルバスに空きがあったようで 
「予約していたバスと違いますが乗られますか」
と係りの人がアナウンスしてくれましたので 
ある程度ゆうずは利くみたいです。(絶対ではありません!)

 少しでも早く行きたかったので ありがたかったですね。

復路もシャトルバス乗り場も解りやすく 10号車(15:35発)からは
乗車場所が 「ディズニーランドとディズニー・シー2箇所だけ」なので
寄る場所が少ない分 飛行機の時間に焦る事無く
東京ディズニーリゾートの余韻に浸りながら帰れます。 

お勧めポイント③

*往路の荷物の預け場所が 空港の荷物受取場所から近い。

他のツアーで行った時 荷物の預け場所の地図をもらってたのですが
思ってた以上に荷物預け場所が遠くて(かなり遠くて)
色々な人に聞きながら カートを押しながら走りました(笑)。

これが尾を引いて シャトルバスまで焦った次第です。

やはり隊長のように地方から行くと 地図上では簡単な場所に見えても
思ってたより違うって事が多々あります。

なので 解りやすいのが1番です。

宿泊ホテルの選び方。

隊長
隊長

さて ここから宿泊ホテル選びです。



東京ディズニーリゾート」に行くなら 金額の事もありますが
やっぱり「ディズニーホテル」がおすすめです!。

宿泊特典の 「ハッピー15エントリー」 が使えますし

特に12歳未満の子供と行くのなら なおさらです。 

ディズニーホテル」は12歳未満の子供なら 「添い寝」が使えます。

添い寝を使う事によって
子供の旅行代金が ほぼ交通費だけぐらいの金額になります。 

旅行代金を抑えられますが ひとつだけ不便な事があり

添い寝なので子供分のベッドが用意されていません。

 

隊長
隊長

さて どうやって寝るか!?。

 

 ダブルベット1台だけの部屋だと 添い寝子供1人だったら
窮屈ですが一緒に寝れます。 

さすがに子供2人だったらキツイので
親父はソファーに寝て下さい(笑)ソファーでもちゃんと寝れます。

ツインベッドだと 「JALツアーのパンフレット」にも載ってますが
「くっつけ可能ベッド」って事で
ベットをくっつける事が出来ます。

IMG_2170

「ベッドをくっつける事」によって寝る場所がだいぶん広くなりますので
「くっつけベッド可能」の表示がある部屋は 「くっつけベッド」がおすすめです。

 

tdl

「くっつけてます」👆


「ツインベッドの部屋」を狙って 「くっつけベッド」がいいですね。

選べるプランも豊富。

選べるプランも通常の「ディズニーホテルステイ」
レストラン「シェフミッキー」も選べたり出来るプラン。

プリンセスに変身できる「ビビディ・バビディ・ブティックプラン」

パレードやショーと食事まで付いた「ランチもショーも大満喫」プラン

などあり さすがスポンサーって感じです。

「バケーションパッケージプラン」もありますが 隊長はあまりおすすめ出来ません。

なぜなら2日間コースだと ディズニーホテルはバリュータイプの
セレブレーションホテル」しか選択出来ません。

3日間コースから 「全ディズニーホテル」から選択可能です。 

特に 2日間コースは おすすめ出来ません。

おすすめ出来ない理由として 
先程書いた「セレブレーションホテル」しか選択出来ないからです。

セレブレーションホテル」が悪いのではなく 
東京ディズニーリゾートから離れている為です。

 

東京地域でのパークの位置が分かる地図のイメージ
出典:公式 東京ディズニーセレブレーションホテル

シャトルバスで20分」との事なので 渋滞や乗りたかったバスに
乗れなかったりした場合 まだ時間はかかります。

隊長がディズニーホテルを選ぶのは 利便性重視もある為です。

またディズニーホテル宿泊なら「ハッピー15エントリー」を使う方も多いと思うので
朝の時間は貴重です。

ホテルに帰るにしても 疲れて20分以上は辛いですね。

 それに「ショー鑑賞券」も付いるのが 3日間コースからですし
選べるショーも1つしか無いので 選択肢も無く
季節限定のショー」が見れる訳でも無い為です。

そして「バケーションパッケージプラン」の売りでもある

ファストパスチケット」ですが
「タイプD」しか付いていません。

ファストパスチケットの種類は2種類あり 「A」「D」です。

ファストパスチケットは
すべてのファストパス対象のアトラクションに使えると勘違いしてしまいますが

タイプ「A」は ファストパス対象のアトラクションすべてに使えます
タイプ「D」
は 一部のアトラクションには使えません。

その為 タイプ「D」
最新アトラクションや人気のアトラクションにはほぼ使えません。

「こちらを参照して下さい」

 それに「ショー鑑賞券やファストパスチケット」が付いてますので
旅行代金は通常プランより 料金が上がります。

 それらも含めて「バケーションパッケージプラン」をおすすめ出来る方は

*宿泊ホテルは どこでも可。

*ショーも どれかを見てみたい。

*なるべく並ばずに アトラクションを楽しみたい。

アトラクションがメインって方には 特におすすめです。

特に「なるべく並ばずに アトラクションを楽しみたい。」って方は

「アトラクション満喫2DAYS/3DAYS」がおすすめです。

 3DAYSだとファストパスチケットが6枚付いて来ます。

タイプ「D」なので 一部のファストパス対象の
アトラクションには使えませんが 時間指定の無いファストパスです。

 3DAYSだと 「デラックスタイプのディズニーホテル」を選べるので

そこで「最新のアトラクション」に乗るため 
宿泊先を 「ディズニーホテル(デラックスタイプ)」を選択して
「ハッピー15エントリー」で入園して タイプ「D」で乗れない最新のアトラクションに乗り 

園内取得のファストパスと「バケーションパッケージプラン」のファストパスを
組み合わせれば ほぼ希望のアトラクションに乗れると思います。

ツアーでは無いですが 東京ディズニーリゾートが販売している
「バケーションパッケージ」もあります。

ディズニーホテルは どのホテルを選ぶか!?。

 ディズニーホテル」に戻りますが どのホテルを選ぶかですよね。

利便性でいけば
「ミラコスタ」「ディズニーランドホテル」「アンバサダーホテル

特に「ミラコスタ」「ディズニーランドホテル」はパークから近いので
いったん部屋に戻っても またパークに行けるので便利です。

パークに近いので 「ディズニーホテル宿泊の特典」で差額を払い
「マルチデーパスポート・スペシャル」(パークチケットの販売)に変更して
両パーク楽しむのもありです。

 隊長も ここ最近は「ミラコスタ」「ディズニーランドホテル」です。 

でも好きなのは 「アンバサダーホテル」なんですよね(笑)。

雰囲気が好きなのと 他のホテルより静かですし
ディズニーリゾートクルーザー」に乗れるのも また楽しみです。

 

ディズニーリゾートクルーザーの写真
出典:公式 ディズニーアンバサダーホテル

宿泊する部屋の種類ですが 「スタンダードタイプ」で問題無いと思いますが
好きなキャラクターの部屋があるのなら選んだり
記念日などだったらランク上げてみたりするのもいいと思います。

ただ隊長の少ない経験上 ホテルでは ほぼ寝るだけです(笑)。

隊長もちょっと変わった部屋や シンデレラ城が見れる部屋に宿泊しましたが
感動するのも部屋に入る 最初だけです。

部屋に入ると 「うぉ~」ってなりますが
チェックイン後 またパークに行かなければならないので
感動している暇はありません(笑)。

またパークで遅くまで遊び ホテルに帰って来ても
次の日の朝も早いのでバタンキューです。

とは言っても 色々な部屋も試してみたいですよね。
そこは 家族と予算に相談です。

 

【JALで行く東京ディズニーリゾート®】 では
旅行代金は どのホテルも「スタンダードの客室が基本料金」となり
客室タイプを変更すれば 差額の料金が発生します。 

まず「ミラコスタ」ですが 7つの客室タイプから選べます。

「ミラコスタでスタンダード」

「トスカーナサイド・カピターノ・ミッキースーペリアルーム」

カップルや記念日におすすめは

「スペチアーレ・ルーム&スイート ポルト・パラディーゾ・サイド バルコニールーム(ハーバービュー)」

この部屋のテラスからは「メディテレーニアンハーバー」が目の前に見えるので
ショーがある時は特等席に変わります。

そしてチェックインも「専用ラウンジ」で出来るのでロビーで並ばなくてもOK。

ラウンジは夜には お酒を提供していてドリンク代も料金に含まれています。

(子供も同伴可能で ソフトドリンクやお菓子もあり)

そして ちょっとリッチな気分を味わえます。

ワンランク上のサービスを得られる分 差額も高額です。

ミラコスタで気を付けなければいけないのが 客室サイドです。

ビューのイメージ
出典:公式 ホテルミラコスタ

窓から見える景観が違うだけなので ディズニー・シーの町並みを見たいって方は 

「ボルト・パラディーゾ・サイド」側を選んでみては。

「ボルト・パラディーゾ・サイド」側も さらに分類されてます。

ポルト・パラディーゾ・サイドのビューについて

パーシャルビュー
ポルト・パラディーゾの街に面していますが、建物の壁や屋根などにより視界が遮られています。
ピアッツァビュー
ポルト・パラディーゾの広場や街並みをご覧いただくことができます。また、港の一部もご覧いただけるピアッツァグランドビューもございます。
ハーバービュー
ポルト・パラディーゾの港の全景をご覧いただくことができます。また、テラスルームには、広々としたテラスより港の景観を心ゆくまでお楽しみいただけるハーバーグランドビューもございます。
スペチアーレ・ルーム&スイートは、ヴェネツィア・サイドまたはポルト・パラディーゾ・サイドに位置しています。

各サイドの説明は外装のスタイルと雰囲気をお伝えするもので、客室からの眺望をお約束するものではありません。

金額が上がるにつれて 景色も良くなるのではないかと!?。

部屋の名前の前に客室サイド 最後にビューが明記されてます。

例えば

ポルト・パラディーゾ・サイド スーペリアルームハーバービュー)」

客室サイドが 「ポルト・パラディーゾ・サイド
ビューが 「ハーバービュー
客室タイプが 「スーペリアルーム」って感じです。

ちょいと面倒くさいですが パンフレットを見る時は
そこもよく確認して下さい。

スタンダードの部屋から ランクアップした

「ポルト・パラディーゾ・サイド スーペリアルーム(ピアッツァビュー)」

の眺めは こんな感じです。

2階

IMG_1573

スーペリアルーム(ハーバービュー)の3階

雰囲気を 参考までに。

「ディズニーランドホテル」 は7つの客室タイプから選べます。

ディズニーランドホテルでスタンダードは 「スーペリアアルコーヴルーム」

隊長のディズニーランドホテルでのおすすめは 「タレットルーム」 ですが
【JALで行く東京ディズニーリゾート®】 には設定が無いんですよね。

「スーペリアアルコーヴルーム(パークグランドビュー)」 は
部屋の階数が5~6階と シンデレラ城が見えるのが微妙な高さなので
おすすめは 「キャラクタールーム」 かな!?。
景観より 内装重視(笑)。

ちなみに8階からだと シンデレラ城が小さく見えますが こんな感じです。

奥には 「タワー・オブ・テラー」が見えます。

IMG_1606

【JALで行く東京ディズニーリゾート®】 では

ディズニーランドホテルは ワンランク上の
サービスを受けれる客室タイプ(コンシェルジュ)を 選択出来ません。

ここがちょっと残念です。

最後は 「アンバサダーホテル」 です。

アンバサダーホテルは 4つの客室から選べます。

アンバサダーホテルのスタンダードは

「スタンダードフロアスタンダードルーム」

選択肢が少ないのもありますが おすすめは

「ミッキーマウスルーム」 「ミニーマウスルーム」 

【JALで行く東京ディズニーリゾート®】のアンバサダーホテルの中で 選択出来る客室で1番グレードの高い部屋です。

差額分も高いですが 差額分を加えてもミラコスタのスタンダードの
客室と価格は ほぼ同じくらいです。

そしてワンランク上のサービスを利用出来ます。

アンバサダーラウンジは、アンバサダーフロアの客室とスイートルームにご宿泊されるゲスト専用のラウンジです。ゆったりと落ち着いた雰囲気に包まれたラウンジでは、チェックイン/チェックアウトのお手続きや、お飲み物をご提供いたします。

  • 朝食は「ハイピリオン・ラウンジ」にてご用意しております。なお、「ミッキーズ・ペントハウススイート」ご宿泊のゲストは、「ハイピリオン・ラウンジ」または「シェフ・ミッキー」での朝食をお選びいただけます。

取扱内容
チェックイン/チェックアウト
ラウンジでのお飲み物のご提供
ご利用は、アンバサダーフロアの客室とスイートにご宿泊の方に限らせていただきます。
ラウンジ内は禁煙です。


なので

「ディズニーホテルデビューは アンバサダーフロアーで」って
思うのですが 隊長だけ!?

実際 隊長もデビューは アンバサダーフロアでした。

それからハマってしまい ワンランク上のサービスを受けれる客室を選ぶようになりました。

「こちらを参照して下さい」

そしてアンバサダーホテルには レストラン 「シェフ・ミッキー」 があります。

tdr

事前に 予約が必要ですが 
食事をしながらキャラクターと一緒に写真が撮れます。

ミッキーマウス/ミニーマウス・・・あと誰だっけ!?
ど忘れしてしまいました。

「シェフ・ミッキー」の朝食(7:00~9:30) は
アンバサダーホテル宿泊者しか利用出来ません

そして「キャラクターと一緒に写真を撮れる」のも アンバサダーホテルの魅力です。

各テーブルに キャラクターがまわって来ますので 確実に写真が撮れます。

JALで行く東京ディズニーリゾート(R) まとめ

色々と書いてきましたが 【JALで行く東京ディズニーリゾート®】
少しは伝わりましたでしょうか!?。

ホテル選びも好みや予算もあるので情報として見ていただけたらと思います。

ディズニーホテルも 2021年に5番目 2022年に6番目の
ホテルが出来るので 価格設定が気になる所です。

はっきり言って 地方から東京ディズニーリゾートに行くとお金がかかります。

色々な会社からツアーは出ていますが
旅行代金が安いなと思って見ると ホテルが離れていたり
シャトルバスが付いてなかったり 荷物配送が別料金だったり
安いなりに理由があります。

【JALで行く東京ディズニーリゾート®】 だと

飛行機➕荷物配送➕リムジンバス➕ホテル がセットになってますので
冒頭に書いた「迷わず行けて帰って来れる」この安心感がおすすめです。

予約すれば 後は行くだけです(笑)。

これを書いたのも 1度だけ違うツアーで行って かなり焦った思いがあり
特に 初めて行く方には この状況はつらいし楽しさが半減しそうで・・・。

「東京ディズニーリゾートに行こうかな!?」と予定を起ててる方は

早め早めの行動を!(予約も含めて)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました