「東京ディズニーリゾート」2022年オープン予定の新エリアはやっぱり2023年に延期です💦。

東京ディズニーリゾート

東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクトについて 新たに開発する 8 番目のテーマポートは、「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」 をテーマとし、ディズニー映画『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『ピーター・パン』 の世界を、本プロジェクトのために新たに開発する 4 つのアトラクションなどで再現した 3 つのエリアと、パーク内に位置し、最上級ランクの部屋を有するディズニーホテルで構成され ます。 この「東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクト」では、既存施設への追加投資として 過去最高となる約 2,500 億円をかけ、東京ディズニーシー開業以来最大の面積を拡張し、2022 年度中の開業を目指します。

って事だったので 隊長は2022年との情報時に予定を立てていました。
予定だけです(笑)。

ですがネットニュースでチラ見して 気付かない振りをしていたのですが
やっぱり2023年ですか💦。

隊長事ですが 2023年になると子供の受験の事もあり行くのは無理かと思っています。
2024/2025年でも とも思いますが
このコロナ禍 隊長の資金力が持つかどうかです💦。

隊長の個人的な事は置いといて 
新エリアに付いての隊長が見つけた情報を書いていきたいと思います。
ネットで拾った情報なので 参考程度に!。

新エリア名は「ファンタジースプリングス(Fantasy Springs)」です!

新エリアの名称は2019年に発表があったので名前だけでも知ってる方もおられると思います。

「東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクト」
施設への追加投資としては過去最高となる約2500億円をかけたそうです。
2500億円と言われてもピンとこないですが
2020年9月28日にオープンしたディズニーランドの新エリア(美女と野獣エリア)が
約750億円なのでいかに大規模なプロジェクトなのかがわかりますね。

ディズニーランドの「美女と野獣エリア」に
まだ行けていない隊長なので金額でしか比較出来ませんが💦。

新エリアはディズニーシーに出来て 8番目のエリアとなるファンタジースプリングスには
アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」
のアトラクションやレストランが登場します。

東京ディズニーリゾートより出典

イメージ写真から見ると 緑塗りの東京ディズニーランド新エリア(美女と野獣エリア)と
赤枠の東京ディズニーシーの新エリア「ファンタジースプリングス」を比べると
やっぱり「ファンタジースプリングス」面積がかなり大きいのが解りますね!。
ってか ロストリバーデルタ(インディなどがあるエリア)のまだ奥なので
東京ディズニーシーのかなり奥ですよね💦
エントランスから歩くとなるとかなりの距離になりそうです。

ファンタジースプリングスに行くには
アラビアンコーストとロストリバーデルタの間の通路(トンネル!?)から
行けるようになるそうです。

テーマのイメージもあると思いますが
「トランジットスチーマーライン」か「エレクトリックレールウェイ」が延長して
近くまで行ければ移動も楽ですね。

「ファンタジースプリングス」には何が出来る!?。

「ファンタジースプリングス」は
魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界をテーマとしており
ディズニー映画「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」
世界をテーマにした3つのエリアで構成されています。

アナと雪の女王 エリア

東京ディズニーリゾートより出典

「アナと雪の女王」をテーマとするエリアでは
映画の終盤でエルサが氷の魔法を受け入れた後の世界が広がり
門の開かれたアレンデール王国を訪れることが出来ます。
このエリアには姉妹であるアナとエルサのストーリーをめぐるアトラクションと
美しい雪山のふもとにあるアレンデール城の中にレストランが出来ます。

アナと雪の女王の新アトラクションは「ボート型」のようです。

ゲストはボートに乗り込み アナとエルサの物語をたどっていきます。
アナ雪の名曲も使用される予定なので 世界観をもっと楽しめそうですね。

さらに ちょっとしたスリルも体験できるみたい!?。

「スプラッシュマウンテン」の様に最後にスピード感のあるシーンも登場するのか!?。
隊長の貧素な想像なのであしからず(笑)。

◆アナと雪の女王のレストラン

アナと雪の女王のエリアでは アレンデールのお城にあります。
美しい雪山にふもとにあるアレンデール城で 食事が楽しめるレストランです。
ここでは映画にも出てくる荒くれ者たちの酒場をテーマにしたレストランもあります。
ディズニーシーらしく お酒もがっりいけそうですね(笑)。

塔の上のラプンツェル エリア

東京ディズニーリゾートより出典

「塔の上のラプンツェル」をテーマとするエリアには
ラプンツェルの塔が森の奥深くにそびえ ラプンツェルと一緒に映画の中で描かれた
ランタンフェスティバルを訪れるというアトラクションや
映画に登場する愉快な荒くれ者たちの隠れ家をテーマにした
レストランでの食事を楽しむ事が出来ます。

プンツェルの新アトラクションでは 
ラプンツェルと一緒に映画の中で描かれたランタンフェスティバルに向かいます。

ゲストは「ゴンドラ型」のアトラクションに乗り ラプンツェルにとって
「今までで最高の日」となるランタンフェスティバルを体験出来そうです。

フィナーレでは映画の感動的な名曲と共に
美しく揺らめく数えきれないほどのランタンの灯りに包まれます。
キラキラ輝く ロマンスに満ちた体験が待っているようです。

読んでいるだけで 鳥肌もんです(笑)。

◆ラプンツェルのレストラン

ラプンツェルエリアのレストランは
映画に登場する愉快な荒くれ者たちの隠れ家をテーマにしています。
「誰にでも夢はある」が歌われた隠れがで ワイワイと楽しい時間が過ごせるレストランです。

ここもガッツリお酒が飲めそうです!。

ピーター・パン エリア

東京ディズニーリゾートより出典

「ピーター・パン」と言えば

隊長
隊長

東京ディズニーランドじゃね!?

と単純な隊長は思ってしまいますが💦

「ピーター・パン」をテーマとするエリアは
「ピーター・パン」と「ティンカー・ベル」「ロスト・ボーイズ」が住むネバーランドで
ゲストが彼らと一緒に新たな冒険に出発するというストーリー。

ネバーランドのジャングルを飛び立って海賊たちと戦う大型アトラクションと
ティンカーベルと妖精たちが住む「ピクシー・ホロウ」を訪れる可愛らしいアトラクション。
ネバーランドの素晴らしい景色を眺めながら食事ができるレストランが出来ます。

ピーター・パンをテーマにした1つ目のアトラクションは「ボート型」の大型アトラクション。
海賊にさらわれたウェンディの弟ジョンを救うためロスト・ボーイズのあとを追って川を下り
ティンカーベルのピクシーダストでネバーランドの上空へと飛び立ちます。

ジャングルを飛び立って海賊たちと戦う迫力満点の3Dアトラクションになる予定。

音楽とキャラクターに3Dの迫力ある映像が加わることで
これまで見たことのないネバーランドの冒険を楽しむ事が出来ます。

聞いただけでも ゾクゾクしますね。

◆ピーター・パンのアトラクション その2

2つ目のアトラクションは ティンカーベルのかわいいアトラクション。
ティンカーベルと妖精たちが住む「ピクシー・ホロウ」を訪れる 
お子様も楽しめるアトラクションのようです。

◆ピーター・パンのレストラン

ピーター・パンのレストランでは
ネバーランドの景色を眺めながら食事をすることができます。
上の写真の右手に描かれている
インディアンの村のような建物がレストランになるのではないかと予想されています。

3つのテーマのイメージ動画です。

その他の公開されているコンセプトアート。

ファンタジースプリングス」の入口

東京ディズニーリゾートより出典。

「ファンタジースプリングス」には魔法の水が流れる滝や池があり
コンセプトアートでは岩肌にキャラクターも描かれているようです。

下のコンセプトアートは 上のアートの左側の部分になるのでしょうか
これだと「ピーターパン」や「ティンカーベル」が解りますね。

東京ディズニーリゾートより出典。

『ファンタジースプリングス』内の泉

東京ディズニーリゾートより出典。

隊長には誰か解りませんが 何人か誰か居る模様。
幽霊じゃないんですが(笑)。
真ん中辺りの女性は誰!?シンデレラっぽく見えるのですが。

どのコンセプトアートも 夜が神秘的でいい感じです。

隊長が いちばん気になる6番目のディズニーホテル。

東京ディズニーリゾートより出典

新たなディズニーホテルは ファンタジースプリングスのストーリーのメインとなる
「魔法の泉」を囲むように出来るようです。
ディズニーファンタジーをテーマとしたこのホテルでは
ファンタジースプリングスの全景を見渡すことができます。

また客室からパークを眺められるだけでなく
ホテル自体がパーク内にあるという特別なホテルです。

客室が475室あるこのホテルには 
東京ディズニーリゾートで最上級の宿泊タイプの「ラグジュアリータイプ」の客室も出来るようで
料金設定なんかも気になるところです。

隊長
隊長

やっぱり全体的に宿泊料金高めなんでしょうね💦。

イメージとしては「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」のような感じにはなると思います。
ホテル自体がパーク内にあるって事なんで「東京ディズニーランドホテル」みたいに
ド~ンとそびえ立つ感じなんでしょうか!?。

この新しいディズニーホテルの客室数は475室で ミラコスタが502室なので
ミラコスタと規模は同等だと思います。
その事を考えると やっぱり景観もミラコスタのように3つのサイドに分かれるのかなと!?。

コンセプトアートだと結構ド~ンと建ってるような感じなんですが(笑)。
全室パーク向きなら すごいですよね!。。

東京ディズニーリゾートより出典。

地方から行く隊長の心配事。

ここからは 隊長のグチモードですのでご注意を(笑)。


まず1つは
*レストランやファストパス取得のアトラクションのルール。
レストランの事前予約は仕方が無いですが アトラクションの抽選は困りものです!。

近郊から来ているのであれば また次回に挑戦出来ますが
隊長なんかは「一球入魂」くらいの勢いで行っていますし
数年に一回のレベルでしか東京ディズニーリゾートに行けないので次は無いに等しいです💦。

この新しいアトラクション目当てで来たのに乗れない喪失感!。
考えただけでも ゾッとします。

隊長も家族の願いを叶えたくて 「ファストパスが取れるアトラクション対策」として
ディズニーホテル宿泊で「ハッピー15エントリー」を使ったり
「バケーションパッケージ」で希望のアトラクションに乗れるバケーションパッケージを
購入したりして頑張って来ました(笑)。

ですが抽選となると 抽選以外で確実に乗るには「バケーションパッケージ」しかありません。
*対応したバケーションパッケージが販売していたらの場合です。

それならバケーションパッケージでとなりますが
販売価格が高いのがネックです!。
それに交通費も別ですし💦。

希望としては抽選なしの
ディズニーホテル宿泊で「ハッピー15エントリー」で乗れるのがベストですが
抽選だと意味がありません。

お願いですから抽選だけは勘弁して下さい!!!!!!!。

2つ目は
6番目のディズニーホテルが【JALで行く東京ディズニーリゾート®】で選べるかです!。

ツアーで行くならJALパックしか無いと思っている隊長なので ここはかなり重要です。

JALパックで選べないとなると 直接ディズニーホテル予約に絞られてきます。
直接予約自体は頑張って取りますが 地方から行く者の宿命で交通機関が必要です。

飛行機&リムジンバスの予約が必要です。
予約だけなら簡単ですが 飛行機に合わせたリムジンバスの予約をしなければなりません。

帰りのリムジンバスの時間を決めるのが特に面倒で
飛行機に乗り遅れないようにと気が気ではありません。

上の記事でも書いていますが 一度だけJALパック以外のツアーで行った事があり
あんな思いは二度としたくは無いんですよね。

そんな事もあり「交通手段+ホテル+安心」の【JALで行く東京ディズニーリゾート®】
新しいディズニーホテルが選択できればいいなと!。

隊長まとめ。

2023年は東京ディズニーリゾートに行くっきゃ無いでしょ!。

「ファンタジースプリングス」の内容も魅力的ですが 
「東京ディズニーリゾート40周年」の年でもあります。

行かない理由が見当たりません(笑)。

コロナが終息する事を願っていますが 終息すれば今度は争奪戦が待ち構えています💦。

それはそれで苦労もしますが 隊長はやっぱり混み合ってる東京ディズニーリゾートが好きです。
人が多いと文句を言いながらも楽しんでいる自分もいますし。

隊長の場合は まず金銭面をクリアーせんといかんので貯蓄に励みます!。
「ファンタジースプリングス」の続報にも期待が高まりますね。

楽しみに続報を待ちましょう!!!!!。

コメント

タイトルとURLをコピーしました