「過去記事再編集」レカロシート購入しました。

カー用品

って言っても 隊長が座ってるシートじゃなく「ジュニアシート」です(笑)。
期待した方 ごめんなさい💦



ほとんど自分の趣味で購入しました。
今では お下がりとして隊長の元から旅立っていますが
活躍してくれた「ジュニアシート」です。

車好きにはあこがれの「レカロ」。
「チャイルドシート」を買う時にも考えたんですが

やはりネームバリューで値段が高くて断念しました。

隊長
隊長

2個ですし・・・・・。



その後 「ジュニアシート」を買う時に

「レカロでもひょっとしたら手頃なシートがあるんじゃないか」

あがいて見たところあったんです!!。

レカロ チャイルドシート 「ミラノ (Milano)」チェリー


すでに 「モデルチェンジ」されていて




レカロにしては「リーズナブル」だったんで中華製?

いえいえ本国 「ドイツ製」だったのですが・・・・・・・(買った当時は)。


現行モデルは おなじみの「中華製」になってます。

隊長が購入した当時は この色しかありませんでしたが
シートの生地も高級感もあり
かっこよく言えば 「アルカンターラ風」です(笑)。

触り心地も良く なんせ「レカロ」なので「安心感」があります。
横から見ても 前から見ても 「RECARO」の文字が入っているので

車好きには 絶対おすすめ!


現在の色の展開は この三色です。

RECARO/HPより出典



隊長が 今買うなら 右端の「ヨーロピアンブルー」がいいですね。
でも現在では黒しか売られていないのかな!?。



機能も 「バケットシート」のように子供を包み込む形になっています。

RECARO/HPより出典



横からの 衝撃にも対応でき 子供が寝ても頭がグラグラすること無く
安心して 運転に集中できます。


そして 体の大きさに合わせて 伸ばせますし 取り外しも出来ます。

RECARO/HPより出典



「過去記事再編集」したのも 
隊長が車を運転中に 「見てて危ないな」と思ったのがきっかけです。

「ジュニアシート」が邪魔とか 座ってくれないとか色々と事情はあると思います。


ですが「親はシートベルト」してますが 
事故を起こした場合/起こされた場合 「無防備な子供」が 犠牲になります。



「ジュニアシート」があるから絶対大丈夫って訳ではないですが
何かあった後では遅すぎますし 
我が子の事です 今一度考えてみていただければと願いを込めてです。

隊長家の場合 幼稚園の頃から
「ジュニアシート」に座らないのなら 車に乗せない宣言
子供にしていたので
現在「ジュニアシート」がいらない年齢になりましたが 
その事がいまだに効いていて 「シートベルト」も言わずと
自分から装着します。
習慣にする事が 良かったみたいです。



「ジュニアシート」に戻りますが
上のレカロ(J3) は対象年齢が3歳からになってますが 
1歳から使用できる「チャイルドシート(J1)」もあります。

RECARO/HPより出典




「チャイルドシート」から「ジュニアシート」まで使える
「兼用モデル」になってます。
「チャイルドシートを買おうかな」と思ってる方は こちらの方が
長く使えますので お得に思えます。

J1/J3の取説は 「こちらから」
車両適合表は 「こちらから」



「レカロ」は やっぱり 車好きの人しか 買わないか(笑)。

他のメーカーも こんな カッコいいのもありますし。



また お安く買えるのもあります。



「チャイルドシート」「ジュニアシート」
車での移動には 必需品です。


子供に合った物を選び
安全快適な車内で 「子供の安全を確保」したいですね。

6歳未満は着用が義務

道路交通法では2000年4月1日から
ジュニアシートやチャイルドシートなど幼児用補助装置の着用が義務となりました。
罰則として1点が加算されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました